出張or友人と旅行というが・・それ本当?

不倫旅行の口実と言えば出張や友人との旅行が定番です。普段から出張や友人と出かけることの多い相手であればついつい騙されてしまうこともあるでしょう。でも、チケットの予約サイトで2人分の予約をしているのを発見してしまったり、携帯電話で不倫相手と思しき相手とのやり取りを見てしまったり、ふとしたきっかけで不倫旅行の可能性に気づいてしまったらどうしますか?黙って送り出して不倫旅行を満喫させるのも癪に障るけれど、ヘタに問い詰めると状況を混乱させかねません。不倫旅行は不倫の証拠をつかむ最大のチャンスです。このチャンスを活かして探偵へ追跡調査を依頼するという手もあります。

 

行き先が正しいなら現地の探偵に調査してもらうと良いが

旅行の追跡調査は普段の素行調査に比べると当然手間がかかりますし、交通費も経費として請求されるため費用も高くなります。不倫旅行の追跡調査を依頼するにはいくつかの方法があります。旅行先が分かっている場合には、旅行先での調査を現地の探偵社に依頼することで、交通費や宿泊費などの経費を節約することができます。ただし、自宅から駅までの調査は地元の探偵社、現地では現地の探偵社といったように2社に依頼する場合は、2社間でしっかりと情報連携が取れるよう依頼者がコントロールする必要があります。全国に支社を持ち、旅行先にも支社があるような大手の探偵社に依頼する場合は、依頼者側が情報の仲介をする必要がなくなるため手間が省けます。

 

行き先も信用できないなら最初から追跡調査をお願いしよう

不倫旅行に行くことは確実だけれど、行先や現地までの交通手段が分からないと言った場合は、自宅から旅行先まで一貫した追跡調査を行う必要があります。しかし、終始車での移動であればまだしも、途中で新幹線や飛行機を使用することになった場合は急きょチケットを取らなければならなくなります。当日のチケットとなると費用も高くなりますし、旅行シーズンで行先が人気の観光地であれば当日券が取れないことも大いに考えられます。そうなれば追跡は非常に困難なものとなるでしょう。不倫旅行の追跡調査を行う場合は行先や交通手段の詳細な情報を事前に入手しておくことが大切です。

 

宿泊費・交通費などある程度の別途経費が必要なのは覚悟しておこう

不倫旅行の追跡調査では調査員の宿泊費や交通費などもすべて経費として請求されます。現地での調査を現地の探偵に依頼する場合は経費も安く済みますが、自宅から旅行先までの調査を地元の探偵社に依頼するとなるとかなりの金額となりますし、それが飛行機の距離であったり海外だった場合には莫大な費用となってしまうでしょう。少しでも経費を節約するためにも、交通手段や旅行先の情報は必須になります。反対に行き先や交通手段などの情報がない状況での追跡調査はあまりお勧めしません。

 

調査費用・経費請求などもしっかり説明・相談できる探偵にしよう

不倫旅行の追跡調査には費用がかかることは分かるけれども、事前にどの程度の費用がかかるのかはしっかり把握しておきたいですよね。まずはどのような経費が発生するのかを探偵社に確認しておき、依頼主側からも大まかな予算を伝えましょう。その上で予算内で収まるよう調査内容を変更してもらったり、オーバーする場合にはどの程度オーバーしそうなのかを事前に綿密に打ち合わせておくことが大切です。旅行の情報がほとんどない場合など、費用が高額になる可能性が高いうえに証拠をつかめる可能性も低いような状況の場合、そのリスクについてきちんと説明してくれるかどうかも大きなポイントになります。

 

探偵社によっては調査内容について依頼者からの指示は一切受けず、経費についても実際に調査してみなければ分からない、と十分な説明もないまま調査を行い、結果的に膨大な費用を請求されたというケースもあります。成功の可能性が非常に低い調査であるにもかかわらず、とにかくやってみようとしか言わないような探偵社も避けたほうがいいでしょう。事前の説明や相談が不十分でアドバイスも的確でない探偵社は利用を避けた方がいいでしょう。